読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤いのが気になります

関ジャニ∞全員を愛し、特にすばるに思いが強い大人で親子eighterのブログ。

渋谷すばると草野マサムネの化学反応に期待したい


2014.8.10"スバラジ"にてすばるの発言

ふつおた」にこんな話が届きました↓

スピッツのライブで草野さんがMCで、関ジャニ∞のふんどしが気になり、
『いつか俺達もふんどしで』みたいな事を言っていた。


「ええー!!!
スッゲぇスピッツなんてもう、
僕らはもう
めっちゃあ
中学ん時も、全然、世代ですからね僕らは。
でうちの兄貴がスピッツ好きやったんすよ。
えーだっそれの影響もあってぇ僕結構スピッツぅはぁ
知ってますよぉでぇ、
あのぉ結構
売れる前のアルバムとかぁも結構知ってますからねぇ。
前のぉアルバムとかがいいんですよぉ結構有名になって、からってやっぱぁ
あのぉ
それこそあのドラマの主題歌んなったりした曲とか有名ですけどぉ
全然、そうなる前のアルバムとかも凄いいいですよスピッツ
スピッツぅいいですよねぇ
いやぁ嬉しいっすねぇ。
ふんどしが気になるって言ってるって事はもう僕らの
ライブで何をやってるかって情報を知ってるって事ですからぁ。
うわぁ嬉しいっす意外ですねぇ。
へぇーー、
いや嬉しいっすねありがとうございます。」





すごい!
あのスピッツ関ジャニのおそらくDVDを見たってことですよね。
ビーストか狩(仮)、または両方をご覧になっていると!
両方観たのならどっちがかっこいいと思ったか聞いてみたいくらいです。





The Blue Heartsでつながる共通点

スピッツは元々パンクバンドでした。
しかしThe Blue Heartsを聴いて、俺達のやりたいことは全部やられていると感じたマサムネさんが、The Blue Heartsきっかけでスピッツを休止してしまった時期があります。ファーストアルバムでもThe Blue Heartsに似ている部分があり、セカンドアルバム以降から徐々にスピッツ独自の世界にシフトチェンジしている様子が垣間見えます。このシフトチェンジがなければ名曲ロビンソンも生まれなかったんですよね。

さて、我らが渋谷すばるThe Blue Heartsから聞き始め、斗真くんとHigh-Lowsのliveに行って更にハマって、ご覧の通り今に至ります。ライブアクションも歌作りもかなりの影響を受けていることは、並行してクロマニョンズを聞いているようなeighterさんには言わずもがなですし、スバラジですばるが選曲する曲もヒロトマーシーが手がけたバンドが一番多いです。



「スバラジ」の選曲における集計と考察 - 備忘録

邦楽部門

ザ・クロマニヨンズ(29曲)
THE BLUE HEARTS(16曲)
ハイロウズ(9曲)
RIZE(8曲)
ウルフルズHi-STANDARD(7曲)

少年倶楽部プレミアムでのセッション
対談、ライブの行き来、誕生日や映画主演のメッセージ
とにかくすばるが心酔しクロマニヨンズも可愛がっている様子はご存知のところと思います。


ヒロトはすばるをメンバーとまで言ったことがあるんですよ(スバラジでクロマニヨンズの楽屋に行った話より…ごめんなさい日時不明)


私は!私は!
ヒロトマーシーに惹かれあった音楽人の
化学反応が観たいんだ!






お顔の美しさ
説明しません、これは。
そのまんまじゃん。
初老感を認めつつ美の暴力は健在。
カワイイの渋滞。



グループのリーダーではないのに
圧倒的センター

関ジャニは基本的にリーダーもセンターもいません。
ボーカルも2人、錦戸渋谷体制。
ただ、こちらを拝見して
渋谷すばるは圧倒的センターという見方で
いいんじゃないか、と思うようになりました。

関ジャニ∞の真ん中に居るのは渋谷すばるなのかという話 - 百四十の限界を超えて

草野さんもリーダーじゃないのです。
リーダーはベースの田村さん。
でも圧倒的センターですよね。
作詞作曲していることもボーカルであることも、
マサムネさんの歌声でスピッツを覚えている方は多いと思います。

私はいろんなジャンルの音楽をたくさん聴くほうなので、歌詞より先に演奏や曲を聴いてしまいます。

よほど曲がよくないと歌詞を汲み取ろうという段階にいかないし、曲名も覚えないです。
エイトでもそうです。1度しか聴いてない曲がいくつもあります。
BJも錦戸くんがアレンジするまで1回しか聴いたことがない曲でした。

ただ唯一歌詞と曲が一緒に入ってくるのがスピッツです。詩と曲、演奏が見事に連動しているんです。




個人的なTop3に入る曲、いや1番好きな曲
すばるに歌ってほしい曲

ただのアルバム収録曲なんですけどね、これ。
隠れた名曲です。

どんな経験をすれば

似てない僕らは細い糸で繋がっている
よくある赤いやつじゃなく

壁の落書き いつしか止まった時計が
永遠の自由を与える

という歌詞が書けるのか教えてほしい。

淡々と歌っているように聴こえるのに
ライブに行くと歌詞に添った熱量が伝わってきて
嗚咽なくただ涙が流れるという経験をしました。
骨抜きにされるってこういうことか!と学びました。
立っていられない。



ボーカルも歌詞も楽器なんだな、と。



スピッツは歌詞と一緒にギターもベースもドラムもキーボードも盛り上がる。
歌詞の内容と楽器がマッチしています。


「夜を駆ける」はイントロを聴くだけで夜だとわかるんです。情感が浮かんでくる。
楽器は全員とても上手いですし、アレンジも最高です。


これはどの曲を通しても言えるのですが全員特別な技を使っているわけじゃない。
ギターに早弾きを求めたり、ベースがスラップするわけじゃない。正確にリズムを、音を刻むことを怠らずに後は音楽を楽しんでいる。


私が関ジャムのベース特集を今ひとつ気に入ってないのは、ケンケンみたいな人を取り上げてベースの良さを前面に出してしまったところ。
違うんじゃないかな。
派手なことなんかしなくてもベースはかっこいいんだよ、っていうところを押し出してほしかった。余談ですが。



最後に

イトメンバーに歌ってほしい
スピッツのシングル

亮ちゃん 愛のことばorスターゲイザー
章ちゃん ホタル
丸ちゃん 遥かor楓
信ちゃん ロビンソン
ヨコ 流れ星
大倉くん チェリー
すばる 夜を駆けるorおっぱい(notシングル)

知らなーい聴きたいという方は
YouTubeに全部ありますので
(スピッツはそういうの規制してないんだな
それどころかスピッツの事務所がアカウント取って流してるのもあるんだな
ジャニーズって厳しいなぁ)
気になったら見てみてくださーい。

他の方もやっていたので⬇️
リンク貼らせていただきます。

妄想と願望の産物 - くじらとぺんぎん日記

渋谷すばるに歌って頂きたいスピッツ8選 - TBS♪Tokyo Band Stalker

不意打ち「アイスクリーム」のすすめ

通勤時に聴けるように
ざっくり最近聴きたい曲を
プレイリストに押し込みました。



で、遊び心でヤンマーの「アイスクリーム」を
入れてみてシャッフルで聴いたところ!
急に流れてくるヤスくんの声が甘くて
亮ちゃんの誠実だけど甘えん坊の声にやられ
ド直球ストレートな歌詞だから
思わず通勤途中に赤面してしまったよ!
自分でプレイリストに入れたのにね!



というのがブログの要旨です。



この不意打ちアイスクリーム、
プレイリストに入れる曲は注意が必要かな?
と思いわざわざブログにしました。






関ジャニに縁が深いアーティストはやめた方がいい

関ジャニ臭がすると「不意打ち」感がなくなります。
たとえば ゆず、高橋優、斉藤正義 など
楽曲提供していたり一緒にラジオやっている、
メンバーがよく名前を出しているものは
プレイリストに入れないほうがいいです。
クロマニヨンズもダメだと思う。




アイスクリーム感のある曲はやめた方がいい

男性がド直球で愛を歌うものはやめた方がいいでしょう。

やはり「不意打ち」感に支障を来します。
私の場合これの後にアイスクリームが来た時はあまりドキドキしませんでした。

恋愛がメインでなく少しひねくれている歌詞のものをセレクトするといいです。
ひねくれているように見えて自分の揺れ動く心情の中で どストレートが入ってしまうことがあります。
同じ星野源でも「sun」とか選べばいいんじゃないかな?
クリープハイプも「社会の窓」みたいなサビで愛してるを連呼するような曲はやめた方がいいでしょう。





洋楽や英語詞の曲をプレイリストにどんどん入れて、ちょこんと「アイスクリーム」を"添える"のは一番オススメかも

[Alexandros]やRADWIMPS ワンオクみたいな英語詞のみの曲があるもの
英語がわかる方はやはりひねくれた歌詞のものがいいでしょう。

↑今朝ガッと詰め込んだプレイリストですが、宇多田ヒカルRadiohead、SonicYouthがこの下に入っています。

これから足し引きしてどれだけアイスクリームが楽しめるか、というプレイリストを作りたいと思います。




アイスクリームに関する雑感

アイスクリームは章ちゃん亮ちゃんが作詞も作曲も共同名義になっていますが、曲はとにかく可愛らしくてピュアですよね。

章ちゃんも亮ちゃんもキュートに歌っているし、ライブではアイスクリームのマイクでジャージ風の衣装で・・・めいっぱいの笑顔と亮ちゃんの胸ツンにキュンとする章ちゃん。

あー、お腹いっぱい、なんてかわいい歌なんでしょう!幼なじみのラブストーリー?くらいに考えて終了しておけばよかったのに・・・

躊躇わないでいい僕の所に
迷わずに飛び込んでおいで

えっ、ためらう必要があるような関係なの?

数え切れない程キスして
僕が持つ熱でとかしてく
何度も何度も味わった
大好きな君を独り占め

溶かしてくと書かないのは何故?
何度も何度も味わったとは?


考えれば考えるほど
アダムとイヴ並に妖艶な歌なんでは?と
思うようになりました。

MV見ると、あー考えすぎてた
可愛い歌なんだよ、それだけだよ、
私ったら考えすぎ!って思えるんですけどね〜

ふわポムのトリセツは大倉忠義である

私はふわふわポムポムが大好きです。
毎朝タイマーの曲はふわポムですし
まるたーの娘も同様なので
うちは毎朝4時50分と7時にふわポムが流れます。

週末はふわポムナイトをします。
サザエさんが終わり日曜が終わるなぁと
切なくなった19時頃から
ふわポムを5回くらいリピで流して
うちの3兄妹がただ歌い踊る、というものです。
ハーフタイムを数分入れ
それをだいたい3回繰り返します。
部屋の中ぐちゃぐちゃになります。
でも疲れて楽しく寝れるから良いのです。



さて、表題の話になります。

もすが大倉くんパートで最も大事だと思うのは「ふわふわポムポム」のサビソロです。

大倉くんが大倉くんの声で、機械で歪ませたりされていない声で「ふわふわポムポム」とは「意味がない 形もない 頃合いメロディー」と歌わなければ、あの歌は説明書のない組み立て家具のようなものだと思います。

エイトを客観的な視点から最年少としてコメントしてきた大倉くんに説明されるからこそ、ふわポムは「なるほど、訳分からないまんまでいいんだな」と聴く側が納得させられるのです。すばるがあの部分を歌ったらダメだと思うんです。すばるがサビ歌うことは当たり前みたいになってるでしょ。

その当たり前を完全に打破した歌がふわふわポムポム。で、大倉くんはふわポムの柱だと思います。大黒柱。唯一冷静で揺らぎないもの。

もし丸ちゃんが大倉くんにサビを歌わせることを提案したのなら
まるくらって実はふざけあってるだけのコンビじゃなく
お互いの立ち位置をリスペクトしあっている最強の二人なんだな、と見方が変わります。


大倉くんだってふざけることはできるわけじゃないですか、関ジャニなんだから。
どちらかというとふざけられないのは錦戸くんなわけです。



その錦戸くんに
ハピネスハピネスハッピネース
チェリーベリーベリーベリー♪

って歌詞を歌わせちゃうのは
丸山隆平はどれだけ錦戸くんがかわいいの?
プチSなの?と思ってしまうのです。


また1月2日から冷やし中華をはじめてしまう錦戸亮の声で「冷やし中華」と何度も聴ける、というのがふわポムの醍醐味の一つだと思います。



同じシングルのカップリングで
かっこよさとずば抜けた才能センスを表現した安田章大
「章ちゃん」のほうの声(安田でも雄田でもない声)で
なべだー ダメだー

I know You know ほらかけてゆく
を歌わせてしまうことも策略なのでしょうか?
ファンが欲しがっていることがなぜ分かってしまうのでしょうか?



そしてすばるがBメロを歌うことはままありますが
続けてサビを歌うのが大筋の流れかと思うんです、関ジャニでは。
でもBメロだけ歌わせて放置するんですよ!
パンツとか乳首と言わせて放置!
放置プレイですよ!



大倉くんにトリセツさせなくても
説明とか進行は村上くんがやるのが関ジャニでは当たり前。
でも敢えてCメロでコブシを回させている。



その三馬鹿の放置具合がたまらないのです。
歌わせたり喋らせたりしているのに
美味しいところは年下組に持っていかせている。



そして、私はどちらかというと三馬鹿贔屓な部分のあるファンですが、
そんな意図が汲み取れたまま聞いても嫌じゃない。
むしろその策略が丸山隆平によるものなら
丸ちゃん最高だよ!
と全力で肩を抱きたいのです。



人の感情をメッタメタにしたい願望がある丸山さん。(なぐりがきビート 新年特版 7人だけの新年会より)
ふわポムとは丸山隆平のその願望を叶えさせた1曲になっています。
少なくとも私の感情はメッタメタになりました。
いくら考えても「ユニコーン のうん血」はわからないのです。



たくさんの人に関ジャニ∞っていいよ
知ってほしい、聞いてほしい、見てほしいと思っても
全く関ジャニ∞を知らない人に
まず最初にふわポムから勧めないですよね?
特典映像のFFPPみたいなまるすば萌え動画も勧めないし
2050年から丸山隆平がやってきた(関ジャニズム特典)も見せないですよね?



丸ちゃんプロデュースのものは
基本的にコアなファンの中の
さらに丸山ワールドがわかる人だけに向けて作られている。
丸山ワールドを受け入れるメンバーを思う人たちに向けて作られている。
やっぱりeighterってやめられないです。


でもふざけて終わっちゃうことが多い。
完成系にしているのは
大倉くんのコメント力であり
まるすばの団結力であり
ヨコの笑いのツボだったり
ヒナちゃんの進行する力。
(あとの二人はドン引きか冷笑系なのかな)



ここで表題にまでした大倉くんの話に戻したいのですが、非常に個人的な思想を垂れ流すだけなので
・すごくコアな大倉担の方
・下ネタが苦手な方
ここで戻るボタンを押していただいたほうが懸命です。どうぞお引き取りください。









さて、私は関ジャニの入りは大倉担でした。
1週間だけ大倉担でした。
その後レコメンを聞いてヨコ担になりました。
コンサートですば担になりました。



どこか放っておけないヨコに目移りしてしまったのです。
(すばるは音楽です、歌声)
(最近ヨコの色気にもやられてしまう時があります)



ということは、大倉くんとはかなり自立した人間なんだ、と個人的には解釈しています。


私が考える大倉くんの構成要素はこんな感じです。

色気 60%
コメント力 35%
ヘタレ 4%
手がキショい 1%


だから半分以上エロス、官能です。

実は関ジャニクロニクル「横山的思わず嫉妬した大賞」(2016.7.9)を見るまでは70%が色気でした。
テロップで使われる言葉が一番多いという情報からパーセンテージを変更しました。



その高身長と甘いマスク、甘い声、甘い歌声、なのに低音ボイス、ダンス、ドラム、ゲラな部分、よく食べよく寝る・・・
全ての情報が私にはエロスにしか感じられません。



これ、大倉くんがananで脱ぐ前から思っていました。



シンプルな下ネタでトークするすばる
普段ふざけている丸ちゃん
可愛い章ちゃんやしっかりした村上くん
この辺りから隠れたエロスを探し当てた時!
掘って掘ってやっと見つかった!
それが楽しいのに!



見た瞬間からエロいんですよ、大倉さんは!
だから探す余地がないんです、むき出しなので。
担降りというか、ヨコに転向したのはそれが原因でもあります。
色気で構成されている人はそれだけで大人な気がしてしまうんです。



私がド変態なのは重々承知で言ってますよ。



重度のすばる担なので
下ネタは既に日常会話なんですけど
エロいっていうのは
モノの大きさとか性行為だけじゃないんだよな



tornやリサイタル(真夏の俺らは罪なヤツ)での眼鏡の取り方
鏡の前で練習したのかもしれないけど
あれだけエロくサングラスとれません。
大倉くんじゃないとできません。



あとドラムの途中でスティックは使わずバスドラ(足だけ使って叩く)になる時の、顔とスティックをギュッと寄せる姿。


もう色気ムンムン過ぎてついていけない、と思ってしまいます。



だから大倉沼に落ちてしまった大倉担は大変だと思うんです。



日々あの色気と向き合って自分の理性と戦っているんだ・・・すごい。ホントすごいです。



というわけでRPG型の私は、大倉担頑張れ!と思いながら他メンバーの知られざる色気を探し続けます。




最後に、どっくんの構成要素も40%くらい色気だと思ってますよ。

丸山隆平がベースを弾くということ①

自分は学生の頃にベースをはじめて
20年ちょっと経ちました。
最近では年に2.3回
人前で弾く機会がある程度ですが
続けています。
この地味で報われにくい
低音の楽器が大好きです。



だからどんなにすばるが好きでも
常に丸ちゃんに視線がいってしまいます。
バンドの時は特にそうです。
すばるの歌に酔いしれたいのに
横目でベースを見てしまいます。



(もちろん私なんかより
丸ちゃんのほうが全然上手いです。
いや、彼は本当に上手いです!)

(あと曲の途中で何故か急に
チョッパー(親指で弦を叩いて音を出す奏法)
はじめてしまうところも大好きだ!)


ベーシストという存在

丸ちゃんはベースについて
「縁の下の力持ち」と表現していました。
(関ジャムのベース修行にて)

上手くないベーシストは
「土台が腐った縁の下」にしかなれません。


ベースとは(私の主観ですが)

・いて当たり前
・間違えなくて当たり前
・間違えたらものすごく目立つ
・間違えないと誰も聞いててくれなかったりする
・なのに練習に遅刻すれば音が薄かったー練習にならなかったーと怒られる
・ギターより握力が必要で
・でもギターのような見せ場はほぼない
・ギターは多少リズムから外れても音を間違えても味があるように見られることもあるけど、ベースがリズムを乱すことは論外
・ベースとドラムのリズムは一心同体
・ドラムは打楽器でプレイが目立つからかっこいいけど歌メロを弾いているわけではないベースはどうしても端っこでスンと立って一人集中


一般の人からはギターとどう違うのか理解されず
どんな音を出しているか興味も持たれず
悲しいかな報われない楽器だな、
と思うこともあります。

縁の下にいるだけでなく本当の力持ちになりたいなら
とにかく練習しかありません。



練習して「3年前から音が変わった」(2014.8.8 a-studio)と聴いててくれる人がいるのは
丸ちゃんの人柄。
聴いて尚且つ口に出して言ってくれるのは
章ちゃんの優しさ。



2014年の3年前だと2011年くらい。
おそらく8uppersからFIGHT(ツアーだとEIGHT vs EIGHTER おもんなかったらドームすんません)辺り。



この時期を調べてみると・・・

8uppersツアーでは全て指弾き。
次のツアー(EE)ではピック弾きが2曲、指弾きが5曲。
8ESTツアーではピック弾きが4曲、指弾きが3曲、両方使う曲が1曲。



ベースはギターのようにピックで弾く奏法と
右手の人差し指と中指で直接弦を弾く奏法(指弾き)があります。
(プロ級の方の中には指弾きで薬指まで使う人もいますし、スラップでは小指を使用します)

とても早い曲は指では追いつかないのでピックのほうが使い勝手いいです。

しかしベースがギターと違うところは指で弾けるところ。(アコギやエレキギターの奏法の一つは指でも弾きます、ちょっと例外ですが)




指弾きのみでやってみたいと一度は思うのがベーシストの心情です。
音が丸くなり自分が気に入ったベースそのものの音が楽しめること、音の強弱がつけられることが魅力です。

ただピック弾きのほうが簡単というわけでもなく、硬い音が欲しい時、同じリズムで弾き続けたい時は適しています。
ピック弾きのみの有名ベーシストもたくさんいます。

(丸ちゃん愛読書のベースマガジン、よかったら書店で見てみてください!私も20代まで毎月隅々まで読んでいました。ベースがより好きになったしトレーニングにもなりました。
コアな世界ですがもっとベースが知りたい方は是非!)





丸ちゃんが指弾きのみを試したり、音楽によって弾きやすい方法を選んでいるのであろう様子が垣間見えるのがこの3つのツアーです。
ベースだからこう弾かなきゃ!こうしなきゃ!という心の縛りが徐々になくなり、音楽を楽しめるようになった時期にあたるのかなぁ、と勝手に想像しています。



元々高校時代にギタリストだった丸ちゃんは、
嵐のバックバンドとして演奏することになった時、
ギター経験者が5人いる中で
「背が高いから」を理由に
ベースを弾くことになったそうです。
ベーシストがいなかったから。
(2014.8.8 a-studio)
丸ちゃん自身の譲ってしまう性格もあると思います。



望んだわけでなくそういう成り行きでベースを手にした人は多いです。
なんとなく弾きやすそうだから、とか
誰それがやっていて憧れたから、とかいう人はそれほど多くなくて
私自身も「バンドをやろうという話になってベースがいなかったから」ベースを弾きはじめた一人です。



丸山隆平はベースの立ち位置を変えるかもしれない


1.ベースを弾くために生まれてきたような容姿、スタイル


丸山隆平、彼の姿かたちはベースを弾くために、ベースが美しく見えるように神様がお創りになったのか・・・とまで言いたくなります。
ギターよりネック(丸ちゃんの左手部分ですね)が長いベースは
手の長い人が持つととても綺麗です。
ネックが長い分、身長が低い人より高い人が持つとかっこよく見えます。


演奏中ギターのようにダウンピッキングで乗れることが少ない分、
スッと立った足が長いと息をのむほど美しい。


高身長、スタイル、横顔の耳から顎のライン
(#丸の黄金ライン と呼ぶ人もいます
https://twitter.com/lonpin8/status/820293549149171713 )

(⬆︎スクショでゴメンなさい)

手の長さ、足の長さ、他にも指の太さ、掌の大きさ、手の甲・・・どれをとっても丸山隆平という人はベーシストとして素晴らしく美しい!





2.「それ従来のベーシストの服装じゃない」と思わせる衣装の着こなし


例えば、バンド時のステージ衣装として
ヤスくんの衣装が「中性的な奇抜さ」を求められている場合、
大倉くんの衣装は「スタイリッシュ」、
ヨコの衣装は「シンプルプラス美しさ」
を求められていると個人的に思っていますが
丸ちゃんに求められているのは「華美」ではないだろうか。
顔の美しさ、
落ち着きのある面持ちでありながら
カメラを捉えるとギラギラする眼、
その長身から、安田章大と対角を為す
「大人の男らしい華美」を着こなしてしまうのが丸山隆平です。



章ちゃんがラップスカートを履いている、
いわば女性的な衣装の時は
丸ちゃんがヒョウ柄ガウン丈ジャケットにボーダーシャツ、膝丈パンツで腰にネルシャツを巻くという男性的な衣装で
全体のバランスをとるように魅せています(8EST LIVE tour DVD)。



実際TVなどで様々なバンドをみていただくとわかるのですが、目立たない服のベーシストは多いもの。
丸ちゃんのような存在は稀有です。




3.関ジャニ∞のバンドを急成長させたのは、丸山隆平の存在ではないか


以前からコンサート内でのセッションや
カウコンで中丸くんのボイパとセッションなど
丸ちゃんのベースが際立つ瞬間はそれなりにあったのですが

勝手にしやがれ」以降
正確には関ジャムでのベース修行以降

関ジャニ∞のバンドを引っ張っているのは
丸山隆平のベースではないだろうか?
と思うことがしばしばあります。



勝手にしやがれ」はベースソロを2回、転調に使い(スラップ)
「NOROSHI」もベースソロからスタート(チョッパー)
「Tokyoholyc」もベースソロからスタート。

(ちなみに「ビースト!」の冒頭ベースソロは丸ちゃんの手ですね)



ベースってこんなに見せ場をもらえる
楽器ではないのです。
(個人的な音楽経験による考察です)
バンドやアーティストにもよりますが
ベースが圧倒的存在感を見せつける場面が
これほどあるバンドは少ないのが現状。
ジャニーズでは初めてではないでしょうか。

丸ちゃんがベースの腕を上げた。
他の6人ももっと上手くなりたい、
今以上の音楽を求めたいと感じた結果が
現在のエイトなのではないか、と
私は勘ぐってしまうのです。




4.アイドルの楽曲のベースラインは難しい。弾きながら歌うのはもっと難しい

基本的に上記の通り、どんなアイドルの楽曲でもベースは難しいです。
打ち込み(完全に機械だけで作られた楽器が入っていない)曲などは、弾く人の視点で作られていないので難解極まりないのです。
ズッコケ男道
ローリングコースター
イエローパンジーストリート・・・


私もファンでありベースを弾くものとして
目コピ耳コピ出来るものは一通り覚えて弾いてみますが難しい曲が多いです。


特にYour WURLITZER!はとてもとても難しい!


私は、丸山さんは音程に忠実な歌手だと尊敬しています。
歌への熱意などですばるやヤスくんが
上手いと言われがちな中で
音程を外さない唯一のエイトは丸ちゃんだと
確信しています。

その丸ちゃんがベースメロと歌メロの違いがありすぎて、さらに運指が難解で
Your WURLITZER!のソロ部分でほんの僅か音を外した映像があります。
JUKE BOX tour DVDなんですが・・・この程度ならよくない?という次元なんです。
でも難易度も知った上で、丸ちゃんの普段の歌も知った上で(しかも新しいベースだったんですよね)
観てて「うわ、丸ちゃん!仕方ない!」と叫んだ記憶があります。



ロリコスもベースメロと歌メロがかなり違う丸ちゃんのソロがあります。1番のAメロです。
笑顔で客席やカメラを見る余裕を見せているのですが、その陰でどれだけ練習したのだろう・・・と思ってしまうのです。



ベースがソロを歌うのは本当に難しいんです。
ハモるのも相当難しいです。
歌に集中すればベースがズレます。
ベースに集中すると歌がズレます。
ベースメロを頭で奏でてしまうと歌をハズします。
そこは練習あるのみなんです。

私もハモりが好きなのでたまに発狂しながら練習します。
私の場合
ベースメロなんか考えなくてもリズム通り弾けるように指に覚えさせ、口に歌を覚えさせ、
耳は他の楽器の音を聞いてリズムを指に信号で送る。
指と口と耳それぞれに記憶媒体があると仮定してやります。

いろんなやり方があると思いますが・・・
要は慣れなんです。
慣れるまで弾き続けるんです。


丸ちゃんは(山田は、でも可)ハモリの要だから
弾きながら歌う使命がある。
だから丸ちゃんの練習量は桁違いだと思っています。



5.こんなにカメラに映りたいベーシスト、
他にいないよ!!!


関西出身のジャニーズグループとして、
他と違ったことをしなければ
テレビに映らないと叩き込まれた
丸ちゃんの青年期。


その精神は全国区になった今でも全くかわらず
木村拓哉さんに指摘されたように
音楽番組で皆が話しているのに
一人だけカメラ目線で笑顔だったり

ゲストの番宣を進んで行い
カメラにすこしでも抜かれようとしたり、と

一生変わらないであろう彼のスタンスとなってしまった
カメラ映り込みたい症候群。



いままでそれほどテレビカメラを意識しすぎた
ベーシストがいたでしょうか?
思い出してみてください。
例えばミュージックステーションで・・・
ミスチルスピッツ、グレイ、イエモン
(有名どころのバンドをあげてみました)
ベースの方が演奏中にカメラ目線という場面
見たことありますか?


ないですよね?
あのTOKIO兄さん、山口くんでもカメラ追いませんよね?


でも丸ちゃんはやるんです。
カメラに食いついていくんです。

丸ちゃんがやっていることはベース革命だと
思います。
地味なベースがこんなに前に出ていいんだと
少なくとも私には革命でした。

丸ちゃんをみてベースを知ってくれる人がいたら
丸ちゃんがやってるからベースを始めようと思う人が増えたら
丸ちゃんを見て他のベーシストがもっと前に出ようと思ってくれたら
ベースの一般的なイメージは変わると思うんです!
と私は声を大にして言いたい!
頑張れ丸ちゃん!





他にも丸山隆平とベースを語ったブログやまとめはたくさんあります。
一部リンク貼らせていただきます。

【関ジャニ∞ 】丸山隆平のベーステクニックがすごい♡オススメ曲も紹介します! | ジャニスタ

丸山隆平のベース(ギター)を調べてみた|好きなコードはEadd9

(余談と自慢です。全くの偶然、購入時期はおそらく同じくらいだと思うのですが私のベース、メインが「ツブサニコイ」から丸ちゃんが使っていたものと同じFenderジャズベ。サブは学生時代から使っていたコレも丸ちゃんと同じFenderジャズベ、jr時代から使っていた黒いものの水色バージョンです。水色のFenderは亮ちゃんのギターと一緒なので、サブベースを持つとまるりょを一気に思い出す至福の時です)



長く書いてるくせにすみません・・・
最後にライブでの見所、私的オススメ曲を紹介させてください

①8ESTツアーDVD 「Do you agree?」
雨の野外でピックだと指が滑ったのかな?
1番のサビ前にピックを投げ、指弾きに切り替えます。それでも一生懸命弾く姿にキュンとします。

②リサイタルお前のハートをつかんだる!DVD
「ズッコケ男道」

はじめて?バンド形式でのズッコケ。原曲と違い丸ちゃんなり?のアレンジが多く聞き応えがあります。
さらにネックを上に傾けヘッドが顔の横にきた状態でのスライド(弦を指で滑らせながらアップやダウンし「ドゥーン⤴︎」「ドゥーン⤵︎」という音を入れる奏法)、この時の表情と丸の黄金ライン、スタイルにも注目です。

③EIGHT vs EIGHTER おもんなかったらドームすんません DVD「宇宙にいったライオン」
ピック弾きの醍醐味が味わえます。
右手のピックを下向きに弾いて(ダウンピッキング)そのまま上に向けて弾く(アップピッキング)を繰り返す、オルタネイトピッキングが見どころです。2番のサビ→間奏の最後、転調Cメロの前です。カメラもベースだけ捉えているのですぐわかると思います!
アップの時に音が小さくなりがちなのですが、さすが丸ちゃん!!リズムも早さも音の大きさも完璧なのです♡

④元気が出るツアーDVD「勝手にしやがれ
今までベースのボディは右鼠径部あたりと低めだった丸ちゃんが右脇腹あたりまでボディをあげ、三回りくらい成長した演奏を魅せてくれます。ベースソロの前にすばるが叫びモニターにも映し出される「丸山!」の文字。その後のベースソロ!
曲のはじめでも同じスラップが聴けるので最高。
ジャニーズのバンドなんて・・と嫌厭する音楽好きに一度は聞いてもらいたい曲です。




とても長くなって恐縮です。
専門用語はできるだけわかりやすく説明しようと努力しましたが、わからなかったらごめんなさい。
3月26日の関ジャムはベース特集ということなので、それを踏まえて第二弾を書きたいと思います。

渋谷すばるは鳴いている奏でている

2017年2月5日放送、関ジャムのセッション
雪の華

その前週の予告でサビの一部分を聴いただけで
涙がつつーっとこぼれたものです。





清塚信也 on Twitter: "すばるさんの歌、村上さんのイフオア、ドームライブ。
音大で一体何を習えたんだろうという気持ちもあるはある。
音楽を科学することで抽出された情報は、舞台上ではむしろ知らなかった方がよかったのではないか、とさえ。
科学を知りすぎたら、すばるさんの様には歌うえないのではないかな。最高。"


ファンでありながら
本当に遠い
敬愛すべき存在である渋谷すばる



雪の華の途中
すばるにはまだこんな声があったのか
こんな風に奏でることができる人なのか
泣いているような
鳴いているような
肩をすくめて震える指先から自らの魂を削り出すような
そんな姿を観て涙が止まりませんでした。



同じ時代に生きて
すばるの雪の華が聴けた私は幸せです。



すっぽりすばるの音に包まれて
翌日の今日を過ごしました。



何度も聴いたら自分が壊れてしまいそうで
それでもリアタイで聴けたあの一曲は
私の心の根っこの奥深くまで染み透っていて
思い起こさせては涙を流すのです。
(今日は仕事中に涙が出てしまい花粉症ということにしてもらいました汗)



清塚さんの言う通り
すばるは音楽を系統立てて習ったわけではありません。
伝えたい、歌いたい、音楽が好きという熱い気持ちが
私たちファンを魅了するのでしょう。
すばるが経験した全ては歌声になるのでしょう。



すばるの歌声を嫌う人もいることは知っています。
万人に好かれることなど無理なのは
よくわかっています。
eightの他6人がすばるの歌を支えてくれていること
特に章ちゃんや丸ちゃんやたっちょんがハモって
eightの歌に厚みをつけてくれていることも
eightが好きな理由です。



ただパッチ魂の「浮世踊りビト」のすばるソロで
気を失うほど心を撃ち抜かれて
それ以来一番はやっぱりすばるなんです。



すばるの雪の華が流れる1日前は
クロニクルで「床上手」なる発言をしていたね。
エイタメでは忙しいやろおじさんだったし
スバラジでは下ネタを編集でかき消さなくてはならないほどのおっちゃんで

なのに、なのに
こうして歌で心を射抜いて視線でファンを殺すでしょ?




ギャップでもなんでもなく
彼は自分の美しい部分に鈍感なのかしら・・・と
勘繰りたくなるのです。





昨日の雪の華
私には強烈すぎるので
次に観るのは、また心の準備ができてから。



本当は章ちゃんのギターにも
丸ちゃんのベースにも
たっちょんのドラムにも
信ちゃんのキーボードにも
清塚さんのピアノにも
高嶋さんのバイオリンにも
目を向けられるくらい聞き込みたいんですけどね・・・



冬エイタメが終わっても
冬は終わってなかったんだなぁと
感慨深いです。

覚書 すばる 新年の抱負 2017

書きたいことはたくさんあるんです。

Tokyoholyc…破門…観てきた聴いてきたけど

eighterとして

はたまたすばるを愛してしまった一人の人間として

すばるの言葉を文字起こしして噛み締めて

どう一年を過ごそうかと考えて

自分なりの指針も変えていきたいと思いました。

 

それでは・・・

 渋谷すばる 新年の抱負2017

(なぐりがきBEAT 新春特別盤 DVD 7人だけの新年会2017より)

(じゃあ渋谷さん、と振られて)

す:僕はねー、まぁここまで13年くらいですか

みんなでがんばってきてですね

えー…毎年ツアーもやらせてもらえてるし

えー…番組もみんなで何個かやらしてもらえたり

個人個人で仕事もさしてもらえたり

すごくありがたい、恵まれた環境にいさせてもらえてると思うんですけど

 

ただ…悔しいですよね…まだまだ僕らは

本当に何も満足してないですし

上には上が果てしなくいるし

だからもっともっと常に

漠然と上に、っていうのは何していいのかわからないけど

でもえっと…今のままでは絶対ダメやと思うから

何か変えようとせな変わらへんから

 

もう究極は一人一人の人間性やと思うんですよ

だからそれを自分の中で革命を起こしていかないと

それぞれが一歩踏み出していこうって変われば

全員が歩み寄れば

もっともっと何か見えてくるものがあると思うし

もうこれからはね

みんなもいい加減子どもじゃないし

大人として、仕事としての会話をもっとしていきたい

それは意見のぶつかり合いじゃなくて会話ですよ

この…関ジャニをどうやっていく?っていう

もっと気持ちよく普通にできるような空気を

みんなで作っていくべきだと思うんですよね

そしたらもっといろんなことが自然と生まれてきて

いろんな意見交換しあえるような…ふうに

みんなで変えていければいいのかなぁ…なんて

僕は思ったりしております

 

 

あえて、悔しさの具体的な意味や

人間性や革命とは何かなんて考えずにいたい。

すばるが言ったことは社会人の自分としても

肝に命じていきたいと思ったし

今のままでは絶対ダメやと思っているすばるが

eightが一年でどう変化していくのか

eighterとしてどう支えられるのかを

その時その時で行動にうつしていきたいです。

 

 

 

 

Black of nightに関する諸説

本当にお気に入りの一曲になりました。

Black of night

車でも発売日からずっと聴いてます。

NOROSHIと交互にね。

もう何百回と聴いていますが

やはり意味がわからない。

 

不倫の歌かな?とTwitterでつぶやいて

華麗にスルーされた私ですが

この葵さんのブログにはめっちゃ共感しました。

http://eight-to.hatenablog.com/entry/2017/01/15/114104

 

DVか!!!!!!!

膝をポンッじゃなくバシッ!と打ちましたね。

「罪」も「mistake」も「腕の中でもがく姿」も全て意味が繋がった感じがしました。

 

葵さんは衣装を火のイメージと捉えていらっしゃるのですが

私の中では魚のイメージなんです。

深海から見上げる光は

MVの最後に光を見上げる場面と酷似しているだろうと想像し

心臓の鼓動のような振り付けでさえも

魚の・・・熱帯魚のようなヒレの部分が

効果的に揺れる。

「溺れていく 海深く 引きもどせない」と

海の表現は歌詞にも出てきますが

MVのはじめに7人が臥位で手を動かすシーン、

あれは海藻というか、深海のイメージなんじゃないかと

あくまで想像ですが思ったのです。

 

顔に色がつくシーン。

これがまた理解不能ではありますが

こちらのブログを見てハッとしました。

http://one-time.hatenablog.com/entry/2016/12/06/213920

「頬に色がつくのを苦しげに立ち尽くしているのは、自分の望んだ色ではないからだろうか。」

 生きていく中で望んだものに染まっていく生活ができる人もいれば、そうでない人もいる中で

頬の色は「ココロを蝕む」ように広がっていくのです。

それは「けがれた花」なのかもしれません。

とにかく「僕」の望む姿ではないはずです。

 

この歌詞に出てくる「僕たち」は、とかく主体的な人間ではありません。

謎に包まれた物語は誰も解くことができないだろうと、自らが解くことは放棄し

「一体ここはどこ」なのか自分で調べることもせず

もしヒナティブな意見があるとしたら

「ほいだら抜け出す道を探せっちゅうことやな(キリッ!)」となるはずが

歌詞の「僕たち」または「僕」は鬱やアディクションのような状態に取り込まれたままでいることを容認してしまっているのです。

 

最後の明るい光に向かうこともできなくないはずです。

Twitterでどなたがつぶやいでいましたが↓

(見つけられませんでした!ごめんなさい!)

 

”嵐のMVなら最後に光に向かって走っていくんだけどね”

 

↑そう、まさにそうなんです!

それこそがジャニーズの楽曲の一般のイメージです!

(稀にニノの痕跡みたいに救われない歌もあるけど、あれはソロだし・・・)

 

誘う花=「君」であるなら

「喉が乾く」欲求のままに近づき

MVのように黒い液体で汚してしまうのかもしれません。

尚且つ当人である「君」は「腕の中で微笑む」ように

(心身が)汚されることから完全に逃げようとはしません。

まるで許容しているかのようです。

だから「僕たち」と括られ「永遠のラビリンス」にいるのかもしれません。

 

・・・と、ここまで自説を思うがままに書いてみましたが、わたしゃ〜こういう意見です!というコメントは大歓迎です。

DV・共依存説にほぼ同意しながら、今でも

「妻がありながら風俗に溺れていく男性の歌」という下世話な歌詞にも見えないことはない・・・

実に奥深い歌です。

 

では次回はふわポムを検証・・・しません。

ふわポムは無理。