読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤いのが気になります

関ジャニ∞全員を愛し、特にすばるに思いが強い大人で親子eighterのブログ。

渋谷すばるは鳴いている奏でている

2017年2月5日放送、関ジャムのセッション
雪の華

その前週の予告でサビの一部分を聴いただけで
涙がつつーっとこぼれたものです。





清塚信也 on Twitter: "すばるさんの歌、村上さんのイフオア、ドームライブ。
音大で一体何を習えたんだろうという気持ちもあるはある。
音楽を科学することで抽出された情報は、舞台上ではむしろ知らなかった方がよかったのではないか、とさえ。
科学を知りすぎたら、すばるさんの様には歌うえないのではないかな。最高。"


ファンでありながら
本当に遠い
敬愛すべき存在である渋谷すばる



雪の華の途中
すばるにはまだこんな声があったのか
こんな風に奏でることができる人なのか
泣いているような
鳴いているような
肩をすくめて震える指先から自らの魂を削り出すような
そんな姿を観て涙が止まりませんでした。



同じ時代に生きて
すばるの雪の華が聴けた私は幸せです。



すっぽりすばるの音に包まれて
翌日の今日を過ごしました。



何度も聴いたら自分が壊れてしまいそうで
それでもリアタイで聴けたあの一曲は
私の心の根っこの奥深くまで染み透っていて
思い起こさせては涙を流すのです。
(今日は仕事中に涙が出てしまい花粉症ということにしてもらいました汗)



清塚さんの言う通り
すばるは音楽を系統立てて習ったわけではありません。
伝えたい、歌いたい、音楽が好きという熱い気持ちが
私たちファンを魅了するのでしょう。
すばるが経験した全ては歌声になるのでしょう。



すばるの歌声を嫌う人もいることは知っています。
万人に好かれることなど無理なのは
よくわかっています。
eightの他6人がすばるの歌を支えてくれていること
特に章ちゃんや丸ちゃんやたっちょんがハモって
eightの歌に厚みをつけてくれていることも
eightが好きな理由です。



ただパッチ魂の「浮世踊りビト」のすばるソロで
気を失うほど心を撃ち抜かれて
それ以来一番はやっぱりすばるなんです。



すばるの雪の華が流れる1日前は
クロニクルで「床上手」なる発言をしていたね。
エイタメでは忙しいやろおじさんだったし
スバラジでは下ネタを編集でかき消さなくてはならないほどのおっちゃんで

なのに、なのに
こうして歌で心を射抜いて視線でファンを殺すでしょ?




ギャップでもなんでもなく
彼は自分の美しい部分に鈍感なのかしら・・・と
勘繰りたくなるのです。





昨日の雪の華
私には強烈すぎるので
次に観るのは、また心の準備ができてから。



本当は章ちゃんのギターにも
丸ちゃんのベースにも
たっちょんのドラムにも
信ちゃんのキーボードにも
清塚さんのピアノにも
高嶋さんのバイオリンにも
目を向けられるくらい聞き込みたいんですけどね・・・



冬エイタメが終わっても
冬は終わってなかったんだなぁと
感慨深いです。